攻撃と守備を繰り返し勝敗を競い合う野球

野球とは集団球技の一種であり日本では球技の中で最も人気の高いスポーツです。発祥国はアメリカとされており、アメリカを中心にドミニカ共和国やキューバ、アジアでは日本や台湾、韓国など多くの国で行われているスポーツの一つです。

野球は二つのチームに分かれて、攻撃と守備を交互に繰り返しながら勝敗を競い合うスポーツです。攻撃の場合は、相手のピッチャーが投げるボールをバットで打って一塁、二塁、三塁と走り抜け最後にホームに辿り着くと点数が入るという内容になっています。

守備の場合には、選手がそれぞれのポジションにつき相手のチームに点数を入れさせないようにアウトを取るように仕向けます。

野球には一つのチームに9人の選手達がおり、ピッチャー、キャッチャー、ファースト、セカンド、サード、ショート、レフト、センター、ライトといったそれぞれのポジションについてゲームが行われます。

また野球には、「硬式野球」「準硬式野球」「軟式野球」と三つの種類に分けられています。硬式野球には硬式球が、準硬式野球には準硬式球が、軟式野球には軟式球が使用されており、使用される球でそれぞれの呼び名があてられています。

「硬式球」とは、ゴムやコルクなどの素材が使用された球を、牛革や馬革などで覆い縫い合わせられて作られたものを言います。一つのボールの縫い目の数も、108個規定されています。

「準硬式球」とは、硬式球の一種として作られた球で、球の内側が硬式球、球の外側が軟式球といった硬式球と軟式球が組み合わされた球の事を言います。

「軟式球」とは、球の内側が空洞になっており外側はゴムで覆われた球の事を言います。軟式球には、A号、B号、C号、D号、H号といった5種類の球があり年齢や、性別、試合対象などに応じて使い分けされています。

日本で主に「硬式野球」と呼ばれている野球は、プロ野球や社会人野球、大学野球、高校野球、中学生の場合はシニア・ボーイズリーグ、小学生の場合はリトルリーグなどの野球があります。

「準硬式野球」は主に、運営組織上の分類の多くが軟式野球の一種とされています。但し、試合会場や野球用具などは軟式野球と同じものが使用されています。

「軟式野球」は主に、小学校や中学校で行われている野球などに多く、一般のレクリエーションなどの場合の多くも軟式球が使用されている為、軟式野球とされています。

一般的に野球と呼ばれているほとんどの場合が、通常は硬式野球の事を現しているとされています。日本では最も人気の高いスポーツとして、小さなお子様から大人の方まで数多くの方に親しまれているスポーツです。

野球はやるだけではなく、見てる方にも十分に楽しむ事が出来るスポーツですのでプロの野球の試合観戦は連日大勢の野球ファンの方達で盛り上がりを見せています。このように日本にとって野球とは、なくてはならないスポーツなのです。